09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

日本代表の試合 

 アルゼンチンに初めて勝ちました日本代表。

監督・コーチ・選手には拍手を送りたいですね。


ですが・・・、

ホームゲームです。



これがアウェイ、つまり、アルゼンチンや南米でやった試合ならば、

勝てたかどうか・・・。

あっちの観客やマスコミは、ホームでの負けには厳しいですから

選手も死に物狂いでやります。



それと・・・、


アルゼンチンはコンディションが悪くみえました。

主力が怪我がちでしたし、時差の問題もありました。



アルゼンチンのディフェンスは、本田選手の左足に警戒していましたね。

左を消してきましたので、本田選手は利き足ではない右足でのシュートが

多かったです。

本田選手も左をマークされるのは知っていて、右足を練習してきたようにも

みえました。

「守るも守ったり、打つも打ったり!」というプレイも見所でした。

ここ数年では一番みごあたえのあったゲームですね。


それと、香川選手、長友選手のテクニックとコンディションの良さが

目をひきました。手の使い方が上手いですね~

サッカーは手の使い方が上手いと、ボールを取られなくなりますし、

反対にボールを奪いやすくもなりますね。



森本選手、本田選手、香川選手、長友選手、長谷部選手、前田選手、

西川選手は目立ちました。


 話を少し飛ばしますが、 

本来は3得点のゲームでした。

フリーのシュートを決められなかった岡崎選手、前田選手は反省しているはずです。

一流のプロほど自分に厳しいはずです。



 
 それと・・・、

1試合で評価は出来ません。

次のゲームで進化と真価を問われますね。


 国際的な試合での力は、

アルゼンチンは10試合で8試合勝つチーム。

日本は10試合で6試合勝つチームでしょう。


小生も外国のサッカークラブに入っていた事がありますが、

食べ物の質・量、身体の太さ・強さが違うので、

外国の人よりも2倍近くの筋トレをして、

やっと外国の人を吹っ飛ばせるフィジカルを手に入れた経験があります。

テクニックの差は感じませんでしたが、身体の強さや

プレイにおける反則スレスレのテクニックの差は、痛感しました。


今では懐かしい思い出になっています~



ご訪問してくださった方々、ありがとうございます。







スポンサーサイト

テーマ: サッカー日本代表

ジャンル: スポーツ

« 恐怖体験  |  腰が・・・イテ~! »

この記事に対するコメント

ガッツさん、こんにちは。

あらー、ガッツさんプロ選手だったんですかー?

香川選手、長友選手は、素人が見てもいい感じですねー

敵地に行って勝たないとねー
ぽち。

重箱石 #SzGz/ufI | URL | 2010/10/10 12:12 * edit *

重箱石さん


セミプロを目指した時期もありましたが、

実力が頭打ちでした~はははは(笑)

市や地方予選では優勝するチームにいましたけど、

そのレベルではプロには及ばずですね~

外国のサッカークラブは留学?した時に入会していました。

重箱石さんのブログにも「ぽち!」複数回です~

ガッツ #- | URL | 2010/10/10 13:47 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jogcbx.blog71.fc2.com/tb.php/49-4de280f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ブロマガ購読者数

フリーエリア

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

月別アーカイブ