10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: --

次の段階へ 

 親戚の叔母は間一髪で命を取り留めたそうです。

大地震直後の叔母は、高齢の母が「ここにいる。」、「もう歩けない。」

というのを何とか山の上まで歩かせたらしいです。


「津波が来る!」と思って。


大地震発生後、20分で津波がやってきて、集落の殆どをさらっていったそうです。


バッグ一つで着の身着のままでの避難・・・。


直後に車も家も飼い犬も全て海へ・・・。


集落の高齢者やそれを気遣う人達は行方知れずに・・・。


今は自衛隊も捜索よりも復興へ形を変えているようです。


避難所は寒くて風邪が蔓延しだしたそうです。


本家とは人づてに連絡が取れました。


親戚の叔母とその母は、関東に今月末に来ます。


高齢の方が育った地元から去るのは、創造を絶するストレスでしょう。


できる限りの支援をしたいと思います。



釜石には・・、


本家以外は残らないそうです。


でも・・・、

小生が釜石には訪れていきます、今後も。

墓も、本家も、遊んだ海や川や山やあるので。


次の段階に進みつつある被災地、後方地、人々。

一方で次の段階に進めない被災地、後方地、人々もいて当然です。


小生はやれる支援は直接的・間接的に行って、

心では合掌しながら、また大好きな岩手や東北を訪問します。


将来は釜石に住みたいと思っていた心は今も変わってはいません。


海難と共に歩んだ沿岸の人々に、それが小生の言えるコトバかもしれません。





追伸

ビッグサイトで行われる予定でありました東京モーターサイクルショーは

中止となりました。

でも、バイクやその仲間は大切にしていきますね~


















スポンサーサイト

« 母宅の整理  |  感謝致します&見直し »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jogcbx.blog71.fc2.com/tb.php/122-bbf6ea67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ブロマガ購読者数

フリーエリア

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。