05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: --

旧車の車検 


  検査や試験なんてものは、すっきりとクリヤーしたいもの。

 旧車は車検の光量や光軸で失敗しやすいとの情報があり、

 その対策をもって学びとしました。


   はい、光量UPのストラテジー
DSCN1234_convert_20140617190736.jpg

  Zの純正バルブは現在のようなH4バルブでなかったですし、

電気系統の劣化が進み光量が足りないと思っておりました。


 『んじゃあ、H4バルブに交換するだけでも光量は足りるんじゃない!』



  まぁ このように思うのですが、車検に光量が足りなくて落ちるのも嫌。


車検はハイビーム検査だけですし、Zでは暗い山道を走ることはないし、

LoはH4バルブだけでも何ら問題を感じません。メインハーネスも新しい

のに去年に交換済みです。首都圏の明るい夜に明るいライトもイマイチ

必要性を感じませんな。


 そんなこんなで、ヘッドライトブースターはHiビームだけに装着。

 そしたら・・・・・・なんと・・・・・・・・・



 テスター屋の光量測定の結果、

合格基準の約2倍の明るさであることが判明。



 

 ・・・明るすぎです。

     車検は通過しましたが、2倍の明るさはいりません。

 
  帰宅後にブースターを外し、ライトの光量UPはアーシングのみにしました。

ようは、H4バルブのマイナス側をバッテリー直結にしました
DSCN1236_convert_20140617190750.jpg


 んー これだけでも十分に明るいぞと。


 スピードメーターはマイル表示なので、キロ表示の紙を張り付けて

クリヤーテープで保護。
     ↓
「今回は通すけど、次回は直接書くか、『帰ったら剥がしますよ』ってやり方

じゃない方法をとってください。』と検査官からコメントを頂きました。

ぁははははははー ^^
DSCN1230_convert_20140617190632.jpg


 Zの当時は排ガス検査や音量検査なんてなかったので、マフラーなんかは

全くスルーされ、音量も排ガス検査もなし。
DSCN1232_convert_20140617190707.jpg


 ハンドルの高さが高かったみたいだけど、誤差範囲で合格。
DSCN1231_convert_20140617190651.jpg


 Z1はアメリカ人向けの作りなので、国内Z2(750RS)よりもハンドルが

高いのかなぁ・・・・・・??? このZ1は純正ハンドルだけど。

まぁ Zでの車検トライはお初でしたので勉強になりましたね

 

 ふぃ~   これで、Zとゼファー750の車検が終わりました。


ゼファー750は何ら問題となるカスタムはしていないので、ホントにすんなり

車検に合格しました。強いて言えば、光量があと一歩不足気味でしたので、

光量検査の時にアクセルを4千回転までアゲました。

 
 
 バッテリーが弱ってると光量が足りなくなったり、ハーネスの劣化、各接点の

劣化も考えられますので、それなりの対処をしておきましたとさ。


 これで、2年は安心ですな。
 

ユーザー車検2台 2諭吉×2 で小遣いがスッカラカンになり、

またもやプライベート作業が続きそうです。

 早く来てほしい、ボーナス日
スポンサーサイト

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ブロマガ購読者数

フリーエリア

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。