11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: --

循環&混合器 



  
    再び3連休。 
 


  嬉しいんですけど、休む日も働いておりました ですので、+-0です。





  

 気になっていた循環器系を純正に戻すべく、朝9時から起動。

逕サ蜒・007_convert_20131216190636


 ・・・6度かぁ。寒いけど、何とかなる気温。



 

 走行による油温の上昇は当然ですけど、

   それによって粘土が低下したオイルが上手く回せない(?)

     さらに大き目のオイルクーラー装着で油圧がかかり辛い(?)

     40年選手のオイルポンプの内部ギアが磨耗している(?)
            

   

   だから、オイルランプが点灯する

 
 というアセスメントをした小生は、装着していた社外品オイルクーラーを外します。


 
  今回は

 カスタム⇒不具合出現⇒原因が特定できず悩む⇒純正に戻す 


   というトラブルシューティングをしてみます。


  (・・・実は色々試すのが好きだったりします ^^v)



 はい、オイルクーラーの装着がしてあるZ1

 (シルバーのホースとシルバーフィンの部品がソレです。)
逕サ蜒・005_convert_20131216190521



  これを外して んしょっと。
  
 
 さらにオイルクーラー取り出し口を塞ぐ純正部品をはめてっと
逕サ蜒・009_convert_20131216190842


 周辺パーツも外して、作業性の向上とメンテをしてっとぉ




 はい、オイルクーラーが取れてスッキリのZ
逕サ蜒・011_convert_20131216190927





  さてと・・・さみぃし、終わりにするか




   いや、
 


    まだぁ まだぁ~~~~~(花の慶次語録)

kei-zan[1]_convert_20131014192521




  負圧キャブのジェット見直し~
逕サ蜒・006_convert_20131216190547


 低回転の一部と中~高回転の一部で金属音


 『リリリリリリリン・・・』とか『キャリリリリン』というノッキングサウンドがあったZ。


 
   これは

 
    燃調のミスマッチ+ウオタニの強力スパーク 
               

  が要因だと考えておりました。 ですので、燃料系の調整です~



    あ~して・こ~して・こ~やって・・・。




 んで、キャブの同調もやって。

逕サ蜒・010_convert_20131216190906



  




  んで、お決まりの試験走行です~





 やっぱり同調させると、

      排気音も規則的だし、

          出だしがなめらかぁ





 
  さらに、色々とアクセルをひねってみます。






  
 

    おおおおおおぉぉぉ 






   いい!いいよ、この感触は!! 

 


  
    下回転~上回転までトルク増大。



 ウオタニを進角させてみましたけど、ノッキングも聴こえません~






   


  結果が出たので雄叫び。

  
 
 『エイ・エイ・オ~!!!』




  さらに、チャリンコのライトも新設しちまえ~



 

  カムチェーンテンショナーのガスケットも自作しよぉー




   

 と思ったけど、メンドクサイので社外品を頼んでっと


 
 今日はこんなところで単車は終了。

 
     

  午後に銀の玉を見に行ったら、10箱ゲット。

                
              お後がよろしいようで。  

                      

                   いい一日でした^^v
スポンサーサイト

テーマ: kasawaki

ジャンル: 車・バイク

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ブロマガ購読者数

フリーエリア

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。