03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: --

見舞い&ツーリング 

 寝たきりの母親の見舞いを兼ねてツーリングです。

面会すると、いつも何かしら考えさせられる事があります。



「こんな風(脳出血で寝たきり)になって長く生きると、子供(小生の事)や

孫(小生の息子)の手をかける。(私も)早く死ねばなぁ。でも、こればかり

はなぁ・・・」


と母がポツリと。


 「まんずなぁ・・・、死ねないのもな。・・・順番だぁ。」

と応えて30分程度の面会を終えました。


 このあたりの死生価値について語るのは、またの機会で。

 死は自然・・・ではなかったりしますし、色々な事が影響しますので。



閑話休題。

そのまま帰るのもなんですから秩父へよーそろー。
 
空腹の胃へのサルベージ作戦を決行、ボリューム大なトンカツの昼食です。
DSC00917_convert_20120426073650.jpg
丼に米をぎゅうぎゅうに詰めてあるので2合はある米飯です、これ。

写真だから小さく見えるだけ。

トンカツはワラジなみ 定食にコカコーラ付き。

もちろん完食ですが・・・喰えないな普通の女性は。

ミソラーメンの普通盛りをみて、さらに驚愕。

DSC00920_convert_20120426073812.jpg

「悦楽苑よ、チャレンジしてやるぜ再びな。」

看板は錆びているけど、気に入りました。


埼玉県秩父市⇒山梨県へ向かい巡行再開です。

まぁ埼玉県の山奥から甲府盆地に抜けるのですよ~


で、大好きな地方の民俗資料館へ。奥ゆかしい建物がいい

DSC00921_convert_20120426073922.jpg

館内は獅子の頭がお出迎えです。

この地方の歴史や伝統、現状を語っている資料を読みます。

ようは・・・過疎なんですよね。
DSC00922_convert_20120426074017.jpg


途中途中の道の駅は必ず寄ります。

「おっ!行者にんにくda!!これは土産に。」

行者にんにく、こごみ、たらっぽ、わらび、しいたけを購入。

DSC00924_convert_20120426074046.jpg


そこを出て、行軍再開。

秩父のもみじ湖、別名は滝沢ダム。

DSC00925_convert_20120426074123.jpg


だ~れもいないので、すごく静かで畏敬の念を感じます。

何と言ったらいいか、自然が怖い・・・。
DSC00928_convert_20120426074156.jpg


しかも山奥に下のようなアーチを通ってきましたから、高い道路で

車両1台。シ~~~ンっとしています。

オーリンズのリアサスペンションの挙動が素晴らしくて攻めたくなり

ましたが我慢。 ガードが低いし、落ちたら誰も気がつかない

DSC00927_convert_20120426074229.jpg


秩父を越えて山梨側へ。

そう、なが~いトンネルの雁坂トンネルを抜けました。

標高が高く、まだ桜が満開  これはこれでいとおかし。

DSC00930_convert_20120426074300.jpg

で、勝沼のフルーツロード?フルーツライン?を通ってきました。

勝沼ってあったかいなぁ~。

フルーツに適していますね、このあたたかさが。南斜面だし。

甲州ワインって、このあたり原産ですね。ブドウ畑がびっしり。

下の写真は塩山付近から写した塩山の町並み。なんだか中心の小山は

豪族の墓でマンメイド・ストラクチャーじゃなかろうか???

DSC00931_convert_20120426074337.jpg



約320kmの日帰りツーリングは、色々と寄ったので7時間も費やしました。

寄り道ばかりで時間がかかりました。




だが、それがいい

最高です、この季節のツーリング


お伴をしてくれた松風(ゼファー750)よ、ノントラブルをありがとう^^




 最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。



スポンサーサイト

テーマ: その他

ジャンル: 車・バイク

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ブロマガ購読者数

フリーエリア

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。