09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

新撰組 

 新撰組


 新撰組は非情な組織として、国家の手先として、下っ端の立身出世として、

個々のドラマチックな人生として、散り逝く美学として、

まぁ様々なとらえられ方で語られていますが、これを読み解くと

現代の日本の組織と当てはまる部分が散見されますね。



 ですから、同情も共感も反感も感じますけど、

一つの教科書として読むと、大きく教えてもらう部分があります。



 新撰組局長の近藤勇や土方歳三を始め、個々について、また組織について

真面目に語ると、人間の業みたいな部分に触れることにもなり、す~っごく

暗い話題になりそうです。

 

 組織に使われ、組織に殺されていった人生・・・とかって語る事も出来るし。

 
 
 でも散り逝く美学とか、

隆盛を極めた影で遊びまくった1年半


にスポットを当てると、凄く華やか



 目立つなら目立ちまくって、出すぎてつぶされない杭になるのはホンの一握り。


 野生の生き物と一緒で、100個の卵で生き残るのは1~3匹みたいな感じ。





 最近、ゼファーやZに乗って走っていると、何か空が笑っているような気がしますよ。

(けっして、被害妄想ではありませんからね~^^)
 

 

 で、秋の夜長に、「新撰組」はいかがっすかぁ




 新撰組仕様のダンダラ模様の東京・京都のスポーツクラブのユニフォームや

特別仕様の車やバイクのカラー、七五三の着物はいかがかなぁ、と。^^



東北の新設防潮堤にも治安を護るダンダラ模様とか使うって?


 

・・・!!!そうだ!

「お前がやれよ!」って話しになりますな、この記事では。



よし!

将来はゼファーかZに水色のダンダラ模様に「誠」の文字カラーやってみますかね



 ダンダラ模様は「忠臣蔵」が始祖でした~


・・・あらららら?もう年末モードかいな~???



 あと2か月で年末ですよ~~~




スポンサーサイト

テーマ: ひとりごと

ジャンル: 日記

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ブロマガ購読者数

フリーエリア

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

月別アーカイブ