FC2ブログ
05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

坂本 龍馬を 

 今、日本は坂本 龍馬を欲しているような気がします。

思いも寄らない奇抜なアイデアをランランと真剣に面白そうに語り、

それを実現していく人間を。



「皆が笑って暮らせるような国を作りたいがじゃ!」

「日本を今一度、洗濯いたし申し候」



なんて人間が必要です、命の代償に。

金も地位も関係なく、そのことを楽しもうとする人間が。

もちろん、そうゆう人間は足を引っ張られ、時には命や生活を追われるでしょう。

それを知っているから、みんな出来ないところもあるんですよね。


どこかの質問コーナーで言っていたコトバが以下です。

大体、幕末の頃に、竜馬のことをとてもよく知っているという人以外、
「竜馬はスゴイ!」と思ってた人はいないでしょう。歴史が証明するものだと
思いますよ。民主党でダメでも民主党の問題といより日本の抵抗勢力がそれだけ
強いってことを意味するのだと思いますね。
竜馬だって20年早く生まれていたら名も無い実業家で終わっているかもしれません。



以上の文に「なるほどなぁ~」と感心してしまった小生です。


その龍馬も抵抗勢力や恨みをかった人間に暗殺されていますけど。


葉隠れの精神:「武士道とは死ぬこととみつけたり」


「死んで名を残す」か。これも武士の道ですね。



で、龍馬。実は国際法云々をもちだし、紀州藩から船の賠償金を

法外な値段でせしめていますね。

 紀州藩といえば徳川の深い血縁。

その紀州藩から脱藩した浪人風情が、金をせしめたのですから命狙われるは必至ですね。

これは今の時代にたとえると、

地方のノンキャリアの公務員を辞めた20代の人間が、与党に脅しを掛けて、

赤字の国庫なのに税金から金をもってきた、ような状態だと思います。


 今も昔も国家権力の暗い部分は存在します。

おかしいでしょう、有名人の暗殺者がわからないなんて。



 紀州、幕府、新撰組、見回り組み、その他の抵抗勢力や

味方内の妬みを感じているヤツラに狙われていた龍馬の命、いつかは果てたでしょうね。


・・・そう、だから龍馬は死ぬ運命でした。


でも、敵を作ってでも夢をはせた。



命がけの夢です、大きい夢ほど。



それを本人も知っていた筈なのに、

思いも寄らない奇抜なアイデアをランランと真剣に面白そうに語り、

それを実現していく姿に「凄い!」と思ってしまう当時の輩や現代の

輩も多いと思います。


 龍馬の化身、

龍魔


が出てくるのを待ちますかね~(笑)


他力本願です、完全に。




スポンサーサイト

テーマ: 今日のつぶやき

ジャンル: 日記

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ブロマガ購読者数

フリーエリア

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

月別アーカイブ