06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: --

飛んでる・・・ 

 
 小学生の頃から岩手の沿岸地方になじみのあった小生。

アラフォーまで年1~2回は訪問・滞在しておりました。



 で・・・・・・、


知っていると思うのですが、田舎の夜って静か過ぎてうるさいんですよ。

沢の音、風に揺れる木々の音、雨の音、鳥獣の鳴き声が聴こえすぎるんですよ。



 っていうか、みんな早く寝すぎ。21時ぐらいには寝床・・・。

今ではそれも出来ますが、若い頃は眠れんですよ、そんな時間。

仕方ないので、酒飲んで寝てました

しかも仏間で寝かせられるもんだから怖いし。

でも日本男児は「怖いと思っても言わぬ存ぜぬ」で気持ちを捻じ曲げて寝るのですが。



 まぁそんなで酒飲むと、

小便が近くなりますよね。しかし、田舎のぼっとん便所は臭い・汚い・不気味で、

ガやハエがスゲェときてます。

さらに、叔父が小便を家の前で豪快にするので小生も中学生からその真似を実施。


こんな理由で不気味な深夜でも、墓所のある闇夜の方角に向かって、小便を

していた小生です。


 まぁ怖いですよ、はっきり言って。沢山の墓所に向かっての闇夜の小便。

(怖いのは勝手にする自分の想像に対する反応であって、

事実ではなかったりしますけど。)


 でも、眠いし、ガやハエのスゲェ狭いぼっとん便所には抵抗があったので、

滞在する度にしていました。昼もやってました、時々・・・。

(便器にとまったハエが、小生の顔に直撃するのがど~しても嫌でした。)







  で・・・・・・、




ある夜にみちゃった。









  火の玉













Zやゼファーの火の玉カラーじゃないですからね、言っときますけど。



それも数年おきに2回ほど。




 でも、怖いというより不思議でしたね。



「あ~、なんか木々?草草?の中を火の玉が飛んでるぅ。あっ、消えた。

あれっ?また出た。」って感じ





 自宅の階段を勝手にドンドンドンドンドンって昇ってきたり、

襖や窓を叩かれたり、ライターが落ちたり、足~体躯をつかまれる経験

からすれば、怖いけど偏差値的には下位体験です。


っていうか、その土地は「霊」の文字を変換して、別のレイって文字に

した土地なので、お墓もお寺もあれば、仕方の無い現象かも。



 


 自分を含めた生きている人間の強欲や衝動性・他人を陥れる気持ち

のほうが怖いと思う小生です。







スポンサーサイト

テーマ: 本当にあった気持ち悪い話

ジャンル:

憑き物退散 


 本当の話をしてみます。心の準備はいいですか・・・。


まず数個前の記事、八ヶ岳への宿泊について書いたエピソードです。


小生は不思議な体験を子供の頃からしてきましたが、今も時々します。

息子はもっと小生より強いらしいのですが。



 で、UPしていた息子と滝を一緒に写した写真に笑った顔が写っており、

帰宅後2日後に息子が全治10日の怪我。


翌日にUPを取り消し、写真も燃やしました。




実はそんな不思議な写真は、小生が育った家庭や今のガッツ家には複数枚存在して

おりました。その殆どは捨てたり、燃やしたり。母親が脳出血になる前の恐山での

写真には、もう数え切れないオーブが写っています。実はこの写真は今も持っています。

他に小学生の頃に森林がある公園で移した写真には・・・


  複数の顔

  と


おかしな光がたくさん



当時、小学生であったガッツは

『おかーさん、この写真なんかおかしいよ。顔と光がある~』

と母親に見せたら、


「こうゆう写真は捨てよう!」

と一言、ガッツのおっかさんはゴミ箱へぽい・・・。


まぁ写真だけならいいんですけど、

実家で座椅子に座って本を読んでいた夜11時ごろに、肩を叩かれて

振り向いちゃった⇒誰も居ない、ってど~よ。


それとねぇ、八王子・高尾~相模湖に行くための20号線大垂水峠・・・

通るたびに凄く嫌な感じがします。あそこはいますよ、何か。




 先日、単車で出かけようとして、汗をかいたタオルを干してから出発しようと準備。

すると、干そうと思ってとった洗濯ばさみがバキっといとも簡単に折れたんです。

何かの虫の知らせだと思って、出発を1時間半仮眠をとって遅らせました。



 ドライバーやライダーの皆様、誰かが教えてくれているかもしれないから、

出掛けにスムーズに行かなかった時は、考えて出発してくだされ。

これもお守りですからね。


テーマ: 信じたくない現実についてのあれこれ

ジャンル:

摩訶不思議 



 せんじつ、


摩訶不思議な体験を



つまり



『怖い体験をした事がありますか?』



っていう話しになりまして。




で、やっぱり凄い怖い体験をしている人・そうゆう体験はしたことが無い人

がいるわけです。


でも複数の人が同じ場所で、同じような体験・・・「仮眠していたら外から手が

伸びてきて引っ張られた」という体験が激的な恐怖体験でした



恐怖体験の中には「明らかに恨み・辛みが込められている」という

現象があって、『表には出せないがために暗い真実を何とか訴えている』

なんて事があったりします。

人と人との関係のよじれた理で生まれたであろう恐怖体験は、

そうゆう軽い場面では話せません。・・・が、話さぬは腹くくる思い。

・・・でも、それを話して知ったところで絶句することが容易に想像

できますので、話していないんですよね。



あっ!関係ないこと思い出しました貞子3Dをみなきゃ!!



んで、ご訪問者の方々でわりと新しい方々で興味のある方は、カテゴリーの

「恐怖体験」をお読みくださいなぁ

小生が体験した恐怖で話しても差し支えないであろう部分は

アップしてありますから~




で、話しを元に戻して、



小生も実家で毎晩のように体験していたポルターガイスト現象や深夜に足・

体幹・手と順番に掴まれた話し、その時にとった打開策を話しておきました。

そうゆう恐怖体験をしていない方々は一生懸命にきいていましたので、

「んじゃ、一緒に体験してみますか?

と20代のキレイな女性に冗談で言ったところ一笑に流された

某日の中年ライダーです


 でも、


「え~、いいんですかぁいつにしますぅ



なんて言われたら、抜けた牙がまた生えそうです。


だから、


これでいいのだ (バカボン語録)

テーマ: 不思議な出来事

ジャンル:

ゾクッとする場所 

 バイクや車でちょいと遊びに行ったりしますよね、皆様。

小生も同じようにちょいと遊びに行きます。



 で・・・、敏感な人ほど気をつけて行って欲しいところがあります


小生は関東なので、その近辺の記事になってしまうんですけど・・・。


10月の中旬に富士五湖~富士山周辺に単独ツーリングに行った小生。

・・・なんか、いや~な感じがしました。確か過去記事かコメントへの返信に

書いた記憶がありますが・・・。


 今更ですが、西湖周辺~本栖湖周辺~朝霧高原手前までの道は、

敏感な人は単独で走らないでくださいね。

特に未明とか午前中の曇りのドヨ~ンとした時は。

で、さらに西湖周遊の南側道路と、本栖湖の西~北側ね・・・、あそこダメ・・・。



「何かやばいな~。もらってきたかな~?」と思ってたら、

そのすぐ後にもらい事故しましたので。


 あと・・・、三浦半島を走る高速道路のトンネルとトンネル間の道路は、ちょいと妖しいね。

それと、相模湖手前のトンネルに入る手前の高速道路。


そうゆうところを走るときは、敏感にならない図太くかオラオラで行きましょう~


磐越道の郡山~猪苗代間も深夜はお薦めしませんよ。



 信じる信じないはお任せです~^^



















テーマ: ふと感じること

ジャンル:

左側に怪我が続く因縁 

 3代前から続く左側の不祥事とは、

左側に隔たる怪我のことでございます。

 
 小生の没した祖父は蛇取り名人でありました

(カテゴリーの恐怖体験をご参照ください。)

で、その祖父はある事故をきっかけに蛇取りを止めたんだそうです。

その事故とは、マムシに左中指を咬まれたこと

蛇取り名人が蛇に咬まれて、衰えを感じ蛇取りを止めたんだそうです・・・。


 蛇取り名人を辞すまでには、狩りの範疇を越えた採集もあったでしょうし、

狩ったマムシの慰霊や鎮魂の儀をやっていたわけでもありません。


 その事故から・・・

血縁者に咬まれたところと同じ左中指の怪我や左側の身体の怪我

相次ぎました。


祖母は左脳梗塞がきっかけで寝たきりに。

祖父の次男坊(つまり私の叔父)は、ガラスでざっくり左中指を切り神経切断。

その中指は途中から動きません。

祖父の長男(これも小生の叔父にあたります)は、仕事中に落下。左鎖骨と左肋骨骨折。

祖父の長女(小生の母親)は左中指を自転車事故でザックリと切り縫合。しかも、

現在は左半身麻痺。(脳出血前の写真には多数のオーブがありました。)

小生は中学生時に左人差し指・中指・薬指と一片に骨折。そして、ちょっと前に

左手と左足骨折。そして、腰のヘルニアからの左坐骨神経痛持ち。首が悪化すると

左手に頸肩腕症候群が出ます。

小生の母親はもうベッド中心の生活ですが、健在の頃、これらの不祥事を重く考えて、

お払いをしたらしいのです。

 
「3代までは気をつけなさい」


と山寺のイタコなみのパワーを持つ方の啓示なので、祖父から数えた3代の

小生で止まってくれるはず。


 「んっ?小生の息子・・・1年前に左手の重い捻挫で三角巾してた・・・けど。」



 

まぁ・・・ということで、『無駄な殺生は生けません世~』という教えに感じます~^^


  <蛇取り番外編> 

 蛇取り名人だった祖父も30数年前に他界しました。

その蛇取り名人だった祖父が採った蛇のミイラが本家の納屋に飾ってありました。

(飾ってあるのか魔除けか不明ですが。)

数年前に本家に宿泊した折に納屋をあさっていた小生・・・

「んっ?蛇のミイラがない・・・。」

と気がつき、叔父に聞いたところ・・・

「俺が酒の肴に喰った。」

とあっさり発言。


「・・・そうゆうもん喰っていいんか?それに、30数年以上前のマムシのミイラ

を喰うって・・・、食に困ってるわけでもないのに。あ、味はどんな・・・?」

と複雑な心境になった小生でした。


 



 

テーマ: 不可思議

ジャンル:

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ブロマガ購読者数

フリーエリア

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。