FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

カスタム/宿泊ツーリング 



久しぶりでございます。サボっておりました。

では、カスタム記事から行ってみますか。




バックステップを装着してみよう!⇒ってことで、純正のステップ一式を外しました。

DSCN1875.jpg



はい、あーしてこーして、メンテしながら調整して、バックステップへ。

DSCN1877.jpg


DSCN1879.jpg



RZのフロントフォークを全バラしますかね。


DSCN1965.jpg


やった事がある御仁ならばおわかりだと思いますが、Fフォークのストッパーリングとスプリングシート(フォークスプリング止めている円形プレートのこと)を正しく外す時は工具が必要です。一人でのハンドパワーだと外せないんですよねぇ。


でも、そんな1~2回しか使わない工具を買う手間も金も省きたい・・・。



ってことで、自宅に眠っていたL字ステーを使って外しました。

ステーが当たる部分にはキズが付かないように、パンクしたチャリのチューブを切り取って緩衝材とします。


うむ、我ながら素晴らしい流用・活用だ! 自分に拍手だろな、これ(o‘∀‘o)*:◦♪

DSCN1978.jpg


DSCN1977.jpg





外したフロントフォークのボトムに隠れているボルト。

純正仕様のそれは、ネジロックが塗ってあるらしく外すのが大変です。


六角レンチをしっかりかまして、パイプを遣ってネジを緩める事に成功!

「バキッ!」とか音がして緩みました(°_°)

約40年ものネジロック付きのネジを外すのは冷や冷やしますね(-_-;)


ってことで、フロントフォークの全バラに成功し、各部を洗浄。

でも、インナーチューブはサビが酷いので、このままでは・・・

DSCN1966.jpg


ってことで、後々に純正新品をぶち込んでやります。

フォークをリメイクしてくれる業者もあるのですが、ありがたいことに純正パーツが出ますので手配しておきましょう。

ボトムケースはウレタンブラックで自分で塗装しようかしら。



洗浄後は仮組して、車体へリターン。

また、外す予定があるので仮組して車体へ付けておけばOK!



では、某日の宿泊ツーの記事へ。


5月某日、ソロで飛騨の高山に宿泊ツーに行きました。

中央道・諏訪南ICで降りて山の中をくねくね三昧で、高山に向かいました。


ハラ減った・・・蕎麦を補給せよという自己欲求に従いました。

趣のある素敵な蕎麦屋に入りました。

DSCN1895.jpg


DSCN1896.jpg



味は高いわりに・・・フツーでした。



よし、フツーの蕎麦を喰ったら、どんどん進もう、愛機と共に。

DSCN1897.jpg


DSCN1899.jpg



宿について風呂入ってから市内を散策です。

トトロに成りきって・・・歩こう 歩こう 私は元気 歩くの大好き どんどん行こう


高山の駅まで歩きます。

DSCN1917.jpg



陣屋へGO!(江戸時代のお役所です)

DSCN1928.jpg



計2時間半も歩き回って夕食へ。

もう2品ほど追加で出てきますが、とりあえず。

飛騨牛のしゃぶしゃぶが美味かったです(^-^)

DSCN1919.jpg



再び風呂に入って、その後TVを視ていたら眠気に強襲され・・・夢の中へ。


翌日、高山をあとにして観光しながら帰路に付きました。


お天気にも恵まれた走行距離約760kmの良いソロツーリングでした。o(^▽^)o


スポンサーサイト



朝から飲んでみよう 


 走友さん達から、お誘いがありまして。


「ガッツ、明日、朝から飲むけど来ない?」


悪い道に誘おうとする悪友ってのは、学生時代は付き物ですが、

大人になっても居ました。


そうゆう方たちは、


『悪・エロ・中年』


という3拍子揃った人が多い感じがします。


悪の道に誘うのは辞めて欲しいのですが、

弱い自分は引き摺り込まれてしまいました。


これからは、

「気を付けよう!悪・エロ・中年・酒と痛風」

という標語を作って心に刻もうかと思いますが・・・


また引き摺り込まれそうな予感がする(-_-;)




ほらぁ、あーあ、飲んじゃった。


DSCN1818.jpg



彼らは小生よりも、もっと早くから飲んでますがナニカ


DSCN1819.jpg



えーい、もういいや。喰って飲んじゃえ!


・・・すぐ、堕落してしまう自分。

でも、何気に朝飲みがマイウーという新発見が!


DSCN1820.jpg



あっ、飲んでたのはこの周辺↓ 築地っす(`艸´)ウシシシ

DSCN1817.jpg



ゼファー盆栽会のMさんからおススメされた卵焼き屋さん。

DSCN1821.jpg


DSCN1822.jpg




試食させていただいたので、食レポでもどうぞ。


ほわーっと・・・

ほわーっと滑らか~に舌に乗ってきます。


バイク用語で表現するならば、

「滑らかなトルクカーブを描きながら加速していくし、細かいアクセルの開け閉めにも対応する繊細なエンジン特性」



で、普通の食レポに戻りますね。




「何しろ食った卵焼きの中で一番美味かった!♪───O(≧∇≦)O────♪」



というごく普通の食レポになってしまいました。すみません。



実はMさんと会うのは二度目。

ありがとうございます、盆栽会のMさん。どうも~


で、駅前でMさんと別れ、悪の道に引き摺りこんだ走友↓とも別れ


DSCN1824.jpg



ウトウトしながら電車に揺られて帰りました。


あっ、送ってもらった写真を載せるの忘れちゃった。すんませーん(((o(*゚▽゚*)o)))


では、また。


改善しましょう 


 走友のイシマル氏&龍氏。

彼らと集まって、龍氏の単車の改善をしてみよう作戦です。


引継ぎ事項は

『アイドリングがばらつくので同調を頼むぜ。』


おけ、OK!

小生は、すぐに貢献です。

受けておいて、いたぶるドSなのです。




「おい龍、脱げっ!」

脱ぐように指導、実践させます。


ドMな龍氏はすぐ脱ぎました。♡(⋈◍>◡<◍)♡

DSCN1794.jpg



なんだろうね、イシマル氏は反抗期なので脱ぎません。

DSCN1795.jpg




隠れた配線を追加します。まぁ、やっとき。

DSCN1801.jpg



同調を取るために、四苦八苦して各部品を外す龍氏。

ふふふ・・・苦労しているようだな。

俺は小便がしたい! 行ってくる!!

DSCN1804.jpg



ガソリンをタンクから抜いて点滴しましょうね。

DSCN1802a.jpg



さぁ、点滴も同調計器も付きました。

DSCN1805.jpg




同調の取り方を教えつつ小生も実践します。

けっこう難航しました(;^ω^)

DSCN1807.jpg




あーでもない、こーでもない、こーして、あーして。

DSCN1808.jpg




もう少しってところまで来ました~

DSCN1810a.jpg



(・д・)チッ、キャブではなく、アクセルワイヤーがご病気のようです。

イッテツ氏も立ち寄り、アクセルワイヤーの不具合を教示しておりました。

DSCN1812.jpg


やっぱり、アクセルワイヤーが合っていないばかりか、

旧くなり伸びてしまい悪さをしているようです。



少しですが、イシマル氏の単車もメンテ。

DSCN1811.jpg




あれこれとやって、龍氏の単車も何とかなりました。

DSCN1814.jpg



アクセルワイヤーの交換を心に秘めて帰宅へ。

DSCN1813.jpg




走友よ、また会おう!


冬の某日物語・三話目 


燃調やパワーを4野口弱のお値段で測りました。

それが終わった冬のあなた達。


時刻は15時を回っていまして、「腹減ったな。」的な状態。

ってことで、サイゼリアへGO!


そこで、主食:白米大盛り&パスタ 副菜:ハンバーグ・焼肉 

飲み物:ドリンクバー


という痛風危険度満載の食事を堪能した4人。

何と表現すればいいのだろうか。


「バイクレスポンス改善+ブレーキを強化する」

⇒そんな事をしょっちゅう考えています的な人達。


「体重を減らす」

⇒あまり考えません的な人達。

体重を減らす⇒おのずと人馬が軽くなるのでGOOD!


知ってはいるけど、そんな面倒で正しい意見は実行しません。

『単車をこんなに改造してしまう人達=一風変わった人達』とも言えます。

ネジ一本のサビが気に入らないので、手間暇かけて電気メッキする人も居ます。

ホムセンで100円出して、ステンレスのネジを買えばいいだけなのに。



なんか書いていて、自分にムカムカ(; ・`д・´)してきたので本題に入りますね。


測定結果です。


長官号。

測定紙面:上欄がトルクとパワー、下欄が燃調です。


DSCN1790.jpg


クラッチが滑り気味で、下~中間の燃調のみ把握できた感じです。

燃調はちょい濃いめですが、まぁ良いでしょう的。

少し落としても良いかな、ってところ。




イッテツ号です。


DSCN1786.jpg



測定していたメカニックが、若く見習い君だったらしく

「テンパってしまいました。すみません。」

と謝られ、アクセルワークに未熟さが露呈。

上のトルク&パワーのグラフが波打ってギザギザ。

想定結果は参考にはなりますが、イマイチな感じ。

イッテツ氏もイマイチ不満が残りまして、バク盛りを食べて不満解消でした。

燃調はGOOD!




カズ号です。

DSCN1784.jpg



測定メカニックに恵まれたのもありますが、燃調は信頼できるショップが調律。

キレイな測定値ですね。




腹も満腹になり、帰路の方向へ。

その前にカズ号とイッテツ号の試乗です。


先生がカズ号を乗ったのですが、

グローブをバイクに乗せたまま試乗してしまい

途中でグローブが落馬して一時的なロスト状態。

その時の模様がこれ↓

DSCN1793.jpg




ですが、試乗した道を戻って、落馬したグローブを発見!

その後、皆さま無事に帰られました。



冬の某日物語はこれにて。

また、今日は今日で別の走友と遊んできます。


冬の某日物語・二話目 


 集まった冬のあなた達(走友の方々)

彼らは何を目的に集まったのでしょうか?

次の中から近いものを選びなさい。


①目的、そんなものはありません。暇だから某所でだべろうぜ。エロ話OK!

②今の仕様に飽きたから、ここから旧車会仕様へ!という作戦会議。ハラシタ直管

③花びら回転指名制あり。セーラー服アラフォー。上の御口で5千円のショップへ。

④単車の後部同士を鎖でつなぎ、単車で綱引き→どっちの馬力が強いでしょう?

⑤牛乳パックを持ち寄ってカスタマイズ→和紙仕様のハガキを作ろうよ!





正解は・・・








でゴザイマス。



これです↓

DSCN1780_2019012511315575d.jpg


IMG_5249.jpg



長官号

DSCN1781_2019012511315857c.jpg



カズ号

DSCN1779_201901251131547cf.jpg



イッテツ号

DSCN1783.jpg



そんな事をしていると。

もう一人の冬のあなたが襲来。

hqdefault[1]




後から来たので彼のバイクの写真を撮り忘れましたが、

停めてあると目立ちます。

先生号の後輪の太さ・・・やばくね?Σ(・∀・|||)ハウッ!!

ラップ塗装も美しい仕上がり。




で、測定している皆さんは、マイ単車の測定姿を動画撮影。

色々とクッチャベリながらそのひと時を楽しみます。

先生も「けっこう楽しいね、これ。」と興味深そう。

けっこうマニアックなバイクの話をして測定が終わるのを待つ冬のあなた達。



こうゆう方々ばかりではありません。

クランケというあだ名の単車乗りの方は、職場では偉くて真面目で部下にも丁寧。

ですが、小生にあうと、すぐにエロ話をしてきます。

以前、千葉の道の駅で部下に話し掛けていた姿を見ましたが、

部下に彼の正体を話してあげようかと思いました。

でも、優しい小生。そのような事はしません。




はい、殴りたい人は、自分のスマホorパソコン画面をどうぞ( ̄∇ ̄)



次は測定結果&自分たちの給油の話題です。

疲れたので、次回へ。



プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ブロマガ購読者数

フリーエリア

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

月別アーカイブ